��ȸ�ֿ���

Home > 重点事業 > 青少年交流事業
目的

韓国と日本は隣国として、相互理解と協力により相 互発展と世界平和に貢献することを希望し、未来を担う青 少年の交流事業を実施する。

主催

(韓国側) 社団法人韓日協会、 (日本 側) NPO広島韓日国際交流センター。

事業背景

社団法人韓日協会は日本広島県 の国際課より韓国人留学生の受け入れに関 する協力要請を受け、2012年 1月に広島を訪問したことを きっかけとし、広島の青少年と韓国の青少年がお互いに交 流する事業が推進できるように日本側の団体の紹介を依頼 した結果、広島韓日国際交流センターの紹介を受けること になった。

交流協定

韓日協会と広島韓日国際交流センターは、 2012年 7月 26日広島・ANAクラウンプラザホテルで広島 県庁関係者、広島韓国総領事館関係者、広島韓日親善協会 関係者、広島女学園関係者などの参席の下「韓日青少年交 流事業」を推進することで協定調印式を行った。

事業内容

韓国及び日本の主催団体は各団体の選抜基準に より、それぞれ青少年10名を選抜し相 互の地域へ4泊5日の日程で派遣し、相互交流を目的に研修旅行を実施する。

韓国側選抜方式

韓日協会が実施す る「全国中高校生日本語学力競試大会」 において優秀な成績を収めた中学生5 名、高等学生5名を選抜して派遣する。

日本側選抜方式

広島韓日国際交流センターの独自の方 式により選抜する。

交流プログラム

それぞれ相手国家に派遣される学生たち は前もって決められたプログラムにより青少年交流及び地 域住民との交流、地域でのボランティア活動、 ホームステ イ、観光、企業及び学校見学などのプログラムをこなす。

第1回交流事業

2012年度に行われた第1回交流事業の韓 国側の研修団は2012年8月5日から9日まで4泊 5日の日程 で広島を訪問した。広島女学園高等学校で日本の4つの学 校及びハワイの高等学校の学生と一緒に交流し、広島平和 公園及び広島原爆記念館訪問, 宮島観光、放送局及び養老ホ ーム訪問、広島市内観光などを通じて日本の学生たちと交 流した。

広島韓日国際交流センター

2006年度からノンプロフ ィット団体として活動し、2012年度にNPO認可を受けた。
連絡先 : TEL:082-533-8899 /FAX:082-533-8878